石橋屋 by KAZU

石橋屋

  仙台の駄菓子、鶴岡の駄菓子は良く知られている。他にも駄菓子はある。駄菓子だからあちこちにある。 駄菓子とは何か?つまり日常のお茶請けや子供のおやつに食べる安い菓子のはずである。仙台駄菓子の石橋屋さんは、街の中心から少し外れたところにある素敵な店である。 決して広くはない店のウインドーに、おいしそうなお菓子が並んでいた。その一つ二つを買った。値段は私には手頃ではなく、「駄菓子」という名前の高級菓子だったが、おいしかった。

亀岡家住宅 by KAZU

亀岡家住宅

  福島市の保原町の綜合公園に「亀岡家住宅」が移築、保存されている。かつては桑折町にあった大邸宅である。建設は明治16年〜28年頃まで費やしたといわれる。 料金を払って館のおじさんに話を伺う。この解説というのが曲者で、拝観者が少ない施設或いは少ない日は長々と得意気にやられて災難である。 友人の建築家はあまりの得意気ぶりにはらが立って、専門的質問攻めで困らせたらしい。ものごと上には上がある。 亀岡家の人は「お時間ありますか?」と事前に親切。「15分」と答えて聞いた。ともかく外は壮大な洋風住宅、内部は小室1つ以外は完璧な和風のこの家は、一見の価値十分である。

桃林堂本店 by ki

桃林堂外観

 菜果の砂糖漬け「五智果」、粒餡の「もなか大坂」。 いつも食べていた和菓子の本店が300年は経つ茅葺きの美しい店と知ったのは、 初めて菓子を口にしてから20年以上してから。大阪府八尾市、知人も多く住むこの町に、 この店があるとはつゆ知らず…。この店を初めて見たときは、あぁ町は自分の足で歩き回らねばと、 反省しきりにさせる大発見の桃林堂だった。敷瓦の床に置かれた木製陳列棚には、 紛れもなくいつも食べてるお菓子…。お値段だっていつもの通り。 ゆっくりとした休息の時が、おまけに付いてくるような気がする。

万華鏡
http://atelier-m5.net/
Copyright © 2005-2012 atelier M5
All Rights Reserved.
WebDesign © 2005-2012 Kyoji Morimoto
Since; 2006.01.01